エステサロンによる脱毛のデメリット

出力が弱いため一定の効果が出るまで時間がかかる

エステサロンと美容クリニックで行う脱毛は、黒い色に反応する光を利用し毛を毛根から処理する、という原理の点では同じです。ですが一つ大きな違いがあります。それは脱毛機の出力です。クリニックでは医師の監修があるため高出力のレーザー機器を使用しますが、サロンでは安全性を考えてマイルドな光脱毛機を使用します。

出力が違えば肌への作用も違ってきます。そのため医療レーザー脱毛は痛みは強いものの効果が高く、光脱毛は痛みは弱いが効果も弱め、というそれぞれの特徴があるのです。
サロンの脱毛は作用がマイルドなため、一定の脱毛効果が出てくるまでには時間がかかります。したがってレーザー脱毛に比べて通う回数が多くなってしまうというデメリットが生じます。

脱毛完了後にまた毛が生えてきてしまうことも

脱毛作用が弱いということで、もう一つ大きな問題があります。それは、効果の持続期間です。
医療レーザー脱毛の場合は毛の再生組織をほぼ完全に破壊することができるので、その効果はほぼ永久に続くといえます。一方サロンの光脱毛では、新しい毛が生えてくるのを完全に止めるには至らず、脱毛完了後何年かするとまた毛が生えてきてしまうという事態が起こり得るのです。

そうしたことも見越して、サロンの中には永久保証を付けているところもあります。これは脱毛完了後に新しい毛が生えてきた場合、追加料金なしで施術が受けられるというものです。永久脱毛したいけれどレーザーは痛みが心配、という人にとっては、こうした保証のある光脱毛はかなり魅力的なものといえるでしょう。

アトピー体質の友人から「横浜で脱毛サロンに通うんだ」という話を聞きました。アトピーだから効果が出るのか心配していた彼女でしたが、その後、久しぶりに再会した彼女の肌は見違えるほど綺麗になっていました。