医療機関による脱毛のデメリット

効果が高い分痛みが強いのが気になるところ

クリニックで行うレーザー脱毛の最大の特徴は、脱毛機の出力が高く脱毛効果が非常に高い、ということです。効果が目に見えて現れてくるのが早いので通う回数も少なくて済みますし、一度処理した毛穴からはほぼ永久に新しい毛は生えてこなくなります。ムダ毛の悩みから一生涯解放されたいという人にとってはとても魅力的なものです。

ただし、パワーが強いため痛みも強く感じるというのがレーザー脱毛の大きなデメリットとなっています。冷却装置を搭載するなど痛みを抑える工夫がされた機種もありますが、サロンの光脱毛に比べればやはり痛みが強いことは否めません。麻酔を用意しているクリニックも多いので、どうしても我慢できない場合は医師に相談して麻酔を利用するのもよいでしょう。

施術直後は軽い炎症も起こりうるが医師がいるので安心

医師のいる医療機関で行うレーザー脱毛には「安全」というイメージを強く持っている人も多いでしょう。しかしレーザー脱毛でも、100パーセント肌トラブルが起こらないというわけではありません。

レーザー脱毛は光が毛の黒い色素に吸収され熱エネルギーに変換されることで、毛根と毛の再生組織を破壊するものです。つまり熱を持つため、施術直後はごく軽度のやけどをしたのと同じような状態になります。また、毛穴の周囲に軽い炎症が起きることもあります。これは正常の範囲内であり、適切なケアをすることですぐに治まりますが、やはり心配になる人もいるでしょう。
ただクリニックの場合は専門知識を持った医師がいるので、何かあればすぐ診てもらうことができますから、その点では安心です。